【特集:Pepper の衝撃 第3回 (4/4)】ソフトウェア開発キットSDK の概要

2014 年の夏に青山学院大学 青山キャンパスにおいて「ワークショップコレクション10 with モノづくり体感スタジアム」が開催されました。これは子供向けのワークショップイベントで、紙コップやタイルを使った工作から廃棄材からミニカーや実用品を作ったり、ゲームやクラフト体験などが楽しめるものです。そのスペシャルプログラムとして「Pepper がワークショップコレクションにやって来る! 〜Pepper が動くしくみをのぞいてみよう!〜」や「Pepper を動かそう!〜Pepper といっしょにプログラミング体験!〜」と題したワークショップも設けられました。内容は1 回90 分でSDKを操作してPepperを自在に動かしてみよう、というもの。参加した子供達はSDK の基本的なしくみを学んだ後、パソコンに向かって自分たちの夏休みの想い出をPepper に喋らせたり、その後に手を振らせたりなど、自在に操る楽しさを体験し、きっと貴重な夏休みの想い出になったことでしょう。
アトリエ・アルデバラン表参道でも、一般の人が誰でもSDK を体験して、Pepper やNAO を動かすことができます。SDK 体験コーナーはアトリエ・アルデバランの奥のスペースに設けられ、テーブルに複数台のパソコンが置かれていて、壁の大型のモニターにはSDK の設定画面が表示されています。

SDK を体験し、NAO やPepper などのロボットをコマンド通りに動かすことができるコーナー。スタッフが親切丁寧に操作方法を教えてくれます。写真はスタッフの打ち合わせ中。

SDK を体験し、NAO やPepper などのロボットをコマンド通りに動かすことができるコーナー。スタッフが親切丁寧に操作方法を教えてくれます。写真はスタッフの打ち合わせ中。

では、具体的にSDK はどのように操作して動きを指定するのでしょうか。ロボットを動かす指示は、パソコン (Windows またはMacintosh) のソフトウェア画面上でドラッグ&ドロップ操作を基本にしています。それは驚くほど簡単です。子供でも短時間である程度のことが修得できるというのもうなづけます。
例えば、ロボットが挨拶をして手を振る、という動作をさせたい場合、SDK 画面の左から「話す」(SAY)というボックスをドラッグし、画面中央にドロップします。
左から右に画面をドラッグしてラインを繋げることで、プログラムが通ることになります。

「話す」(SAY)をドラッグ&ドロップして日本語を指定し、挨拶の言葉を「こんにちは 元気ですか」と入力しようとしているところ。

「話す」(SAY)をドラッグ&ドロップして日本語を指定し、挨拶の言葉を「こんにちは 元気ですか」と入力しようとしているところ。

「話す」ボックスで「日本語」(Japanese)を指定すると「こんにちは」の挨拶がデフォルトになりますが、キーボードから入力して、任意の言葉を喋らせることもできます。取材時は「こんにちは 元気ですか」と指定しました。
次に「アニメーション」という行動分類の中から「ハロー」というボックスを選択してドラッグ&ドロップする。ハローは手を振る動作です。「話す」とは別に、「ハロー」もラインを左から右に繋げると、話す(SAY)と手を振る(ANIMATION:Hello)のふたつの動作が同時に行われる指示になります。実行するとパソコンの横で待機していたNAO がスクッと立ち上がり、「こんにち 元気ですか」と言いながら手を振りました。
ちなみに、話してから手を振らせるには、ひとつのライン上に話す(SAY)と手を振る(ANIMATION:Hello)を並べるように配置すれば、NAO は左から実行していきます。
「はい」または「いいえ」の条件分岐を設定することもできます、例えばロボットがまず「踊っていいですか?」という質問をして、それに対して相手が「はい」と応えたら指定したダンスを踊り、「いいえ」なら「あ~残念、次回は踊らせてくださいね」と喋る、などが簡単に指定できます。下はその設定画面。

「踊っていいですか?」という問いに「はい」と「いいえ」の分岐を指定しているところ。

「踊っていいですか?」という問いに「はい」と「いいえ」の分岐を指定しているところ。

フローチャートのようなビジュアルなので、初心者にも使いやすい。

フローチャートのようなビジュアルなので、初心者にも使いやすい。

 

 

 

 

 

 

時間があれば、アトリエ・アルデバラン表参道(無料)に出かけてみてはいかがでしょうか。Pepper やNAOと触れあい、ロボットを自分で動かすことが体験できます。子供連れでも楽しめると思います。なお、NAO やPepper の詳細はアルデバラン社のホームページ(日本語)で確認することができます。

http://www.aldebaran.com/ja

A: 日本語で動作することを指定 B:「踊っていいですか?」という問い C:「はい」と「いいえ」の回答によって分岐 D:「はい」なら踊る E:「いいえ」なら「あ~残念、次回は踊らせてくださいね」と言う

A: 日本語で動作することを指定
B:「踊っていいですか?」という問い
C:「はい」と「いいえ」の回答によって分岐
D:「はい」なら踊る
E:「いいえ」なら「あ~残念、次回は踊らせてくださいね」と言う

「踊っていいですか?」の問いに「はい」と答えると、NAO は一方の足だけで立ってバランスを取りながらダンスを披露してくれた。

「踊っていいですか?」の問いに「はい」と答えると、NAO は一方の足だけで立ってバランスを取りながらダンスを披露してくれた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. ショーウィンドウの向こうから、空を見上げるPepper
    著者 : 神崎洋治 なぜソフトバンクは、Pepper の誕生を「人類にとっての転換点」とまで表現し…
  2. アトリエ・アルデバランで体験で きる
    著者 : 神崎洋治 自律学習機能によって、Pepper ができることや会話のバリエーションは増えて…
  3. アルデバランが開発した身長58cm の二足歩行の人型ロボット「NAO」
    著者 : 神崎洋治 Pepper の発表は共同開発を行っているアルデバラン社と協同で行われました。…

ピックアップ記事

  1. ショーウィンドウの向こうから、空を見上げるPepper

    2014-9-25

    【特集:Pepper の衝撃(7/7)】Pepper 誕生 その本当の衝撃とは

    著者 : 神崎洋治 なぜソフトバンクは、Pepper の誕生を「人類にとっての転換点」とまで表現し…
  2. アトリエ・アルデバランで体験で きる

    2014-9-25

    【特集:Pepper の衝撃(6/7)】機能拡張は無限大、ロボアプリの開発とダウンロードが可能

    著者 : 神崎洋治 自律学習機能によって、Pepper ができることや会話のバリエーションは増えて…
  3. アルデバランが開発した身長58cm の二足歩行の人型ロボット「NAO」

    2014-9-25

    【特集:Pepper の衝撃(5/7)】Pepper はソフトバンクとアルデバランの共同開発

    著者 : 神崎洋治 Pepper の発表は共同開発を行っているアルデバラン社と協同で行われました。…

話題をチェック!

  1. ショーウィンドウの向こうから、空を見上げるPepper

    2014-9-25

    【特集:Pepper の衝撃(7/7)】Pepper 誕生 その本当の衝撃とは

    著者 : 神崎洋治 なぜソフトバンクは、Pepper の誕生を「人類にとっての転換点」とまで表現し…
  2. アトリエ・アルデバランで体験で きる

    2014-9-25

    【特集:Pepper の衝撃(6/7)】機能拡張は無限大、ロボアプリの開発とダウンロードが可能

    著者 : 神崎洋治 自律学習機能によって、Pepper ができることや会話のバリエーションは増えて…
  3. アルデバランが開発した身長58cm の二足歩行の人型ロボット「NAO」

    2014-9-25

    【特集:Pepper の衝撃(5/7)】Pepper はソフトバンクとアルデバランの共同開発

    著者 : 神崎洋治 Pepper の発表は共同開発を行っているアルデバラン社と協同で行われました。…

ランキングTOP5

ページ上部へ戻る