トランスフォーマー/ダークサイドムーン

著者:HaLu

transformersdarkofthemoon-re2_SB_J

■シリーズ第3弾は圧倒的映像力のフル3D!

個人的には2Dでも十分な映像力で前2作に圧倒されていたので、正直別に3Dでなくても満足かなと思っていましたが、マイケル・ベイ監督が今作では3Dに挑戦しています。マイケル・ベイ監督自身、それほど3Dに積極的なタイプではなかったのですが、やはりこれだけ世の中3D、3Dとなっていたら、予算アリ、人気シリーズなので、避けては通れないということなのでしょう。

さて、大人気シリーズ第3弾では、主人公のサムは社会人になっています。あらゆるテクノロジー機器にトランスフォームする金属生命体VS人類の闘い、今度の主戦場は宇宙にまで広がっています。ストーリーは、全世界が見守った歴史的偉業、1969年のアポロ11号の月面着陸、そして、ニール・アームストロングとエドウィン・オルドリンによる人類で初めて月に降り立ったあの出来事の陰でNASAとアメリカ政府にはひた隠しにしてきたある事実があった・・・というなんとも気になりすぎる設定なのであります。実は、月の裏側(ダークサイド・ムーン)には彼らよりも先に不時着していた未知の宇宙船がいたというのです。果たして、その真相は・・・。

 

■戦いは命がけ、でも、生活はいたって平凡

第1作、2作と、とんでもなく激しく壮大な命がけの闘い、冒険をしたサムですが、社会人生活はいたって静かで平凡です。このギャップがまた、ドキドキ度数を上昇させる要因であるとも言えるのですが。オートボットたちは米政府と手を組んで世界の平和を守っているのですが、サムはそこに参加できないというところに、疎外感のような寂しさを感じています。しかし、そんな平和の時間が長く続くわけもなく、またもや悪の侵略が襲ってくるのです。しかも、そのスケールはかつてなく激しいものでした。仲よく手を組んでいたオートボットと米軍の関係性にもじわじわと亀裂が入り始めます。そしてサムにもまたまた試練がやってくるのです。恋人(新しい恋人です、残念なことに諸事情により恋人役は前回までとは違う女優さんなのです)のカーリーを人質にとられた上に、スパイとなってオートボットの動向を探るよう、悪の軍団ディセプティコンから脅されるのです。

 

■今回の注目は高齢ロボット・センチネルプライム!

毎回注目のロボットが登場するわけですが、なんといっても今回はおとぼけキャラ(おいぼれを演じて・・・)で登場して、急に変貌するおじいさんロボットのセンチネルプライムです。ちょっとハマってしまった方多いのではないでしょうか?最初は、「もうわしはただのおいぼれじゃ」なんて弱々しく語っていたと思っていたのに、急に闘いモードに突入して、キレッキレのキャラに変貌するのです。このセンチネンタルプライムは、ディセプティコンとの死闘の際に、重要な秘密を持ち去って姿を消したロボットで、その秘密とはと言うと・・・転送システムなんです。どんなものでもどこにでも移動させることができるという、すごいシステムです。しかも、それを起動できるのはこのセンチネンタルプライムだけというのだから、厄介な香りがプンプンしてきます。センチネンタルプライムの要求は地球からのオートボットの追放。人類はすぐにその要求に応じます。そして、オートボットを乗せた船が爆破されてしまいます(涙)。しかし、約束は守られず、センチネンタルプライムは今度は人類奴隷計画を企てて、地球にサイトバトロン星を復興させようとするのです。

さて、オプティマスをはじめとしたオートボットたちは実は破壊されてませんでした。船には乗ったふりをしただけだったのです(涙を流したのに・・・でも生きててよかった)。そしてサムと再会し、オプティマスVSセンチネンタル、そこにオートボット、ディセプティコン軍団、NESTやらなんやらも加わって闘いは激しさを増していくことになります。もしろん、オプティマスは最強です。悪のトップ・メガトロン、そして、センチネンタルも倒してしまうのです!そして再び、人類とオートボットの間には信頼・絆が生まれます。無事に恋人も取り戻すことができて、めでたしめでたし。

とお話はなんともシンプルなわけです。歴史的偉業のあの出来事の裏には・・・みたいな煽りはあるのですが、終わってみれば、いつも通り手を組むべきモノ同士で絆を深め、平和な世界に戻る、というストーリーなのです。

ということで、平和に3作が完結したわけですが、今、自分の近くにあるこのテクノロジー機器がいつ、トランスフォームして本当の姿を見せて来るのかというドキドキ感はいまだに止まりません。

 

作品名:トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン
Blu-ray発売元:パラマウント ジャパン
価格:2,381円+税
発売日:2013年07月19日発売(発売中)
(C) 2011 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved. HASBRO, TRANSFORMERS and all related characters are trademarks of Hasbro.
(C) 2011 Hasbro. All Rights Reserved. TM, (R) & Copyright
(C) 2013 by Paramount Pictures. All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. ショーウィンドウの向こうから、空を見上げるPepper
    著者 : 神崎洋治 なぜソフトバンクは、Pepper の誕生を「人類にとっての転換点」とまで表現し…
  2. アトリエ・アルデバランで体験で きる
    著者 : 神崎洋治 自律学習機能によって、Pepper ができることや会話のバリエーションは増えて…
  3. アルデバランが開発した身長58cm の二足歩行の人型ロボット「NAO」
    著者 : 神崎洋治 Pepper の発表は共同開発を行っているアルデバラン社と協同で行われました。…

ピックアップ記事

  1. ショーウィンドウの向こうから、空を見上げるPepper

    2014-9-25

    【特集:Pepper の衝撃(7/7)】Pepper 誕生 その本当の衝撃とは

    著者 : 神崎洋治 なぜソフトバンクは、Pepper の誕生を「人類にとっての転換点」とまで表現し…
  2. アトリエ・アルデバランで体験で きる

    2014-9-25

    【特集:Pepper の衝撃(6/7)】機能拡張は無限大、ロボアプリの開発とダウンロードが可能

    著者 : 神崎洋治 自律学習機能によって、Pepper ができることや会話のバリエーションは増えて…
  3. アルデバランが開発した身長58cm の二足歩行の人型ロボット「NAO」

    2014-9-25

    【特集:Pepper の衝撃(5/7)】Pepper はソフトバンクとアルデバランの共同開発

    著者 : 神崎洋治 Pepper の発表は共同開発を行っているアルデバラン社と協同で行われました。…

話題をチェック!

  1. ショーウィンドウの向こうから、空を見上げるPepper

    2014-9-25

    【特集:Pepper の衝撃(7/7)】Pepper 誕生 その本当の衝撃とは

    著者 : 神崎洋治 なぜソフトバンクは、Pepper の誕生を「人類にとっての転換点」とまで表現し…
  2. アトリエ・アルデバランで体験で きる

    2014-9-25

    【特集:Pepper の衝撃(6/7)】機能拡張は無限大、ロボアプリの開発とダウンロードが可能

    著者 : 神崎洋治 自律学習機能によって、Pepper ができることや会話のバリエーションは増えて…
  3. アルデバランが開発した身長58cm の二足歩行の人型ロボット「NAO」

    2014-9-25

    【特集:Pepper の衝撃(5/7)】Pepper はソフトバンクとアルデバランの共同開発

    著者 : 神崎洋治 Pepper の発表は共同開発を行っているアルデバラン社と協同で行われました。…

ランキングTOP5

ページ上部へ戻る