Pepper(ペッパー)に続け!今後の活躍が期待されるパーソナルロボットまとめ

19.8万円?え・・・それ売り物なの!?と驚いた方も少なくないでしょう。SoftBankが6月5日に実施したロボット事業参入の発表会でお披露目したロボット初号機「Pepper(ペッパー)」です。孫さんはSoftBankの感情を持ったロボット第1号だとアピールしていました。CMもバンバンやってますしSoftBankの本気度がうかがえますよね。発売は2015年の2月を予定とのこと。遂にロボットと暮らす日が現実になるんですね~。

今後はどんなパーソナルロボットが登場するのかも気になるところですよね。そこで、最近発表されたパーソナルロボットについて気になる記事をまとめてみました。

Pepper(ペッパー)
皆さんはもうPepper(ペッパー)見ましたか?SoftbankのホームページでPepper(ペッパー)が見れる店舗が紹介されてるのですが、まだまだ少ないようですね。私も未だお目にかかれてません。想像ではちょっと動いて会話できる程度かな?なんて思ってましたが、特設サイトを見るとなかなか凄そうです。
個人的に注目したいのは今年度中に配布予定のSDKと、開発したアプリを配布するアプリストア(仮称)ですかね。
いままでのように、あらかじめ組み込まれたプログラムを実行するだけのロボットではなく、ユーザーの好みに沿って成長してくれるイメージでしょうか。今後のアプリ展開が楽しみです。
もう一つ、プレスリリースでは「吉本興業グループの株式会社よしもとロボット研究所の協力により、お笑いやダンスなど多彩なエンターテインメントで人々を楽しませる機能も充実しています。」と書かれてました。こちらも面白い取り組みだな~と感心しました。想像以上に期待できそうなPepper(ペッパー)、早く実物を見てみたいです。

ASRA C1
ソフトバンクの100%子会社のアスラテックが6月11日に発表したロボット。同社のロボット制御ソフトウェア「V-Sido OS」の検証・デモ用として作られたもの。Pepper(ペッパー)とは異なり二足歩行型のヒューマノイドロボットです。「V-Sido OS」の採用によって、人の意図が伝えやすく、安全で、使いやすいロボットの開発が可能になるとのこと。
ちなみに、V-Sido(ブシドー)は、同社のチーフロボットクリエーター、吉崎航氏が奈良先端科学技術大学院大学の学生だったときに一人で開発したとのこと。カッコ良よすぎますよね。
以下はアステラテックのホームページに掲載されている動画。お母さんロボットの動きがほぼ人間・・。かなりヤバいです!
⇒ヤバい動きのお母さんロボット

NAO EVOLUTION
ソフトバンク関連多いですね~。Pepper(ペッパー)の開発会社でもあるソフトバンク子会社のアルデバラン・ロボティックス(Aldebaran Robotics)は、Pepper(ペッパー)と同じOSを搭載したヒューマノイドロボットの販売を開始します。販売価格は100万円程度とのこと。NAOシリーズとしては、今回が第5世代になるのでPepper(ペッパー)から見ればお兄さん(お姉さんかな?)的な存在でしょうか。同じOSを搭載しているので、NAO向けに開発したアプリケーションがPepper(ペッパー)でも使える・・・なんてことも想定しているようです。そうなるとPepper(ペッパー)との違いは見た目や動きなんでしょうかね?なんだかPepper(ペッパー)が安く感じてきます。同社のホームページによると「Pepperは、ユーザーとコミュニケーションを図ることができるコンパニオンなのです。」なんだそうです。なるほどって感じですね。

パルロ
コミュニケーションを得意とするヒューマノイドロボット。人の顔を記憶するので、声をかけて振り返ったパルロが持ち主の顔を見ると元気にあいさつする(それ嬉しいかも)・・・。みたいなことができるようです。また会話を投げかけると、関連した話題で会話を広げる連想ゲームのような機能「ソートチェーン」がより自然なコミュニケーションを実現します。

ホームページを見るとクイズやレクレーションなど、楽しむ系の機能がかなり豊富にそろっているようなので、子どもは絶対楽しそう。会社に置いたりイベントなんかも良さそうですね。
値段が気になるなーと、見ているとレンタルも出来るみたいです。それなら気軽に・・・って、ん!?2ヵ月124,000(税抜)。やっぱりそれくらいしますよね~。まずは動画で我慢かな。パルロちゃんの楽しい動画はこちら

ロビ(Robi)
自分で組み立てられるパーソナルロボットもありました。フレンドリーロボット「ロビ」は、デアゴスティーニ・ジャパンが2013年2月19日に発売しました。ロボットクリエーターの高橋智隆さんが設計した事でも話題でしたね。反響が大きかったようで今年には再刊行版が登場しています。毎号届くパーツを組み立てれば自分でロボットが作れちゃうんですから、大人も子供も夢中になって楽しめます。しかもパッケージを見る限りは驚くほど高性能で、これはイイ!と、本屋さんで勢いで買ってみたものの、家に帰ってよく見ると全70号で完結と知り、慌てて計算すると1号あたりの平均価格を2,000円として約15万。。。ハイ終了~。早速、息子にゴメンナサイする苦い思い出をもつお父さんも多いのでは?(え、いない?それオマエだろ?)。そうです、私でした。ということで、個人的にはパーソナルロボ初号機といえばロビちゃんのイメージが強いですかね。そんなロビちゃんの高性能は再刊行版の特設ページで紹介されてますので、気になる方はこちらをどうぞ。

JIBO
海外からもキュートな1台をご紹介。ヒューマノイド型があたり前の時代に、あえて動かないパーソナルロボットです。ホームページでは「World’s First Family Robot」と謳われてます。何がキュートかは言葉で説明が難しく、ぜひこちらの動画を見てください。ちょっとした動き+表情+変な声で、なんともいえない愛嬌を振りまいてます。動画中では家族写真を撮ったり、話し相手になったり、メッセージを伝えたりと、まるで家族の一員のようでした。
この「JIBO」、MITの准教授が開発したロボットで、目標10万ドルでクラウドファンディングしたところ、なんと90万ドルも調達したようです。既に注目が集まってるようですね。
ロボット関連のニュースは毎日更新されていて、今回ご紹介したロボットの他にも高性能なものやユニークなものが探せばまだまだ出てきそうです。また、近々まとめてみたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. ショーウィンドウの向こうから、空を見上げるPepper
    著者 : 神崎洋治 なぜソフトバンクは、Pepper の誕生を「人類にとっての転換点」とまで表現し…
  2. アトリエ・アルデバランで体験で きる
    著者 : 神崎洋治 自律学習機能によって、Pepper ができることや会話のバリエーションは増えて…
  3. アルデバランが開発した身長58cm の二足歩行の人型ロボット「NAO」
    著者 : 神崎洋治 Pepper の発表は共同開発を行っているアルデバラン社と協同で行われました。…

ピックアップ記事

  1. ショーウィンドウの向こうから、空を見上げるPepper

    2014-9-25

    【特集:Pepper の衝撃(7/7)】Pepper 誕生 その本当の衝撃とは

    著者 : 神崎洋治 なぜソフトバンクは、Pepper の誕生を「人類にとっての転換点」とまで表現し…
  2. アトリエ・アルデバランで体験で きる

    2014-9-25

    【特集:Pepper の衝撃(6/7)】機能拡張は無限大、ロボアプリの開発とダウンロードが可能

    著者 : 神崎洋治 自律学習機能によって、Pepper ができることや会話のバリエーションは増えて…
  3. アルデバランが開発した身長58cm の二足歩行の人型ロボット「NAO」

    2014-9-25

    【特集:Pepper の衝撃(5/7)】Pepper はソフトバンクとアルデバランの共同開発

    著者 : 神崎洋治 Pepper の発表は共同開発を行っているアルデバラン社と協同で行われました。…

話題をチェック!

  1. ショーウィンドウの向こうから、空を見上げるPepper

    2014-9-25

    【特集:Pepper の衝撃(7/7)】Pepper 誕生 その本当の衝撃とは

    著者 : 神崎洋治 なぜソフトバンクは、Pepper の誕生を「人類にとっての転換点」とまで表現し…
  2. アトリエ・アルデバランで体験で きる

    2014-9-25

    【特集:Pepper の衝撃(6/7)】機能拡張は無限大、ロボアプリの開発とダウンロードが可能

    著者 : 神崎洋治 自律学習機能によって、Pepper ができることや会話のバリエーションは増えて…
  3. アルデバランが開発した身長58cm の二足歩行の人型ロボット「NAO」

    2014-9-25

    【特集:Pepper の衝撃(5/7)】Pepper はソフトバンクとアルデバランの共同開発

    著者 : 神崎洋治 Pepper の発表は共同開発を行っているアルデバラン社と協同で行われました。…

ランキングTOP5

ページ上部へ戻る